アコ・ブランズ・ジャパン株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:宮坂 哲也)は、当社のシュレッダ・ラミネーター・製本機などを展開する事務機器ブランド『GBC(ジービーシー)』において、家庭での、極小細断が可能な「マイクロカットシュレッダA26M」を7月に発売いたします。

 

マイクロカットシュレッダA26M

 

▽GBC商品情報

GBC

 

 

【開発の背景】

 

近年、個人情報の流出によるトラブルや事故が問題視され、企業だけでなく一般家庭においても対策が必要になってきています。ゴミ袋は、郵便物や公共料金の明細書やDMなど、ご家族の個人情報の宝庫です。

 

そのようなリスクを最小限に抑え、ご家庭の限られたスペースでも場所をとらない、そして極小細断により安心してゴミを廃棄していただけるよう、パーソナル用の極小細断シュレッダを開発いたしました。

 

 

【商品概要】

 

○特徴

・極小細断で高セキュリティ、2×12 mmのマイクロカット

・過投入による紙詰まり時には自動で細断がストップ

・家庭で置く場所を選ばない小型サイズ

 

品名 :マイクロカットシュレッダ A26M(ホワイト/ブラック)

品番 :GSHA26M-W/GSHA26M-B

定価 :オープン

サイズ:横325×奥行170×高320(mm)

 

 

【GBCについて】

 

1947年の創立以来、GBCは70年以上にわたり世界100カ国以上の人々にシュレッダ・ラミネーター・製本機などの事務機器を発信し続けています。小スケールの家庭用のものから、オフィス用、さらにはプロフェッショナル仕様の機材まで、使い方によってお選びいただける幅広い製品を取り扱っております。

これからも製品を通して、企業や個人情報のセキュリティ、資料のプレゼンテーションと保護、さらには信頼性(RELIABILITY)・生産性(PRODUCTIVITY)・効率性(EFFICIENCY)の提供を続けてまいります。

 

 

【今後の展開について】

 

GBCでは、シュレッダのみならずラミネーターや製本機など、現代のオフィス環境で求められる生産性と効率性のアップに応えるべく、最先端の事務機器の開発に日々取り組んでおります。

今後にあたっても、より皆様の期待に応えるべく、生産性、効率性を追求し続け、多様なラインナップでの新製品展開をスタートいたします。