ラミネート加工は、全自動の時代へ。

フィルムへの挟み込み、給紙、ラミネート加工、フィルムカットラミネーター加工作業は思っている以上に業務の負担となっています。
全自動ラミネートを実現する「オートフィードラミネーターFOTON30」は、そんな業務への負担を軽減し
社内効率化を果たすべく、誕生いたしました。

フィルムへの挟み込み、給紙、ラミネート加工、フィルムカットラミネーター加工作業は思っている以上に業務の負担となっています。
全自動ラミネートを実現する「オートフィードラミネーターFOTON30」は、そんな業務への負担を軽減し社内効率化を果たすべく、誕生いたしました。

ラミネート完了まで全自動でノンストップ
作業効率を徹底的に追求

用紙をまとめてフィーダーにセットし、
ボタンを押せば自動でラミネート加工がスタート
作業はこれだけ

パウチラミネーターでの加工作業で時間のかかるフィルムへの用紙の挟み込み作業や、ラミネーターへのフィルム挿入作業など、
つきっきりで行う必要のあった従来の作業がゼロになりました。
大幅な作業効率化に加え、作業時間に充てる人件費の削減など、みなさまへゆとりをもたらします。

不定形用紙も加工OK
ロールフィルムならでは汎用性の高さ

加工物に合わせて設定できる加工モード。
定型用紙から、パウチラミネーターでは
対応できない
不定形用紙まで加工可能

パウチラミネーターでは紙詰まりの原因となるような
不定形サイズのPOPやバナー加工も手軽にこなせるので、
1台で幅広い用途に使用できます。
※不定形サイズ用紙はマニュアルフィード/マニュアルカットのみ使用できます。

誰でも簡単にラミネート加工が捗る
シンプルな操作

わかりやすい操作&3つの設定モード

数々の加工物サイズや形に対応する設定モードは3種類。選択したあとはスタートボタンを押すだけの簡単操作。加工物に合わせて適切に加工できるため、仕上がりが美しく、また紙詰まりなどのトラブルの心配もありません。

取り付けカンタンなロールフィルム

ロール式ラミネーターで複雑なフィルム交換も、
FOTON30なら置くだけで完了します。

HOW TO USE

PRODUCT商品情報

SPECIFICATION-仕様-

本体
品名 オートフィードラミネーター FOTON30®
品番 GLMFOTON30
参考小売価格 140,000円+税
保証期間 2年間または2年間の使用相当の5,000枚*のどちらか早いほう(*50枚/週×2年使用 想定)
加工枚数/回(オート時) 30枚 (64~120g/㎡)
設定モード オートフィード/オートカット 定形サイズ用紙(64~120g/㎡)
マニュアルフィード/オートカット 定形サイズ用紙(120g/㎡~)
マニュアルフィード/マニュアルカット 不定形サイズ用紙(星型、円形、三角形など)
用紙サイズ 最大(幅×長さ) 297mm×432mm
最小(幅×長さ) 127mm×152mm
対応用紙厚 オートフィード時 64~120g/㎡
マニュアルフィード時 64~250g/㎡
ウォームアップタイム 3~4分
オートシャットオフ 無操作で15分
加工速度 75 μm 700mm/分
100 μm 670mm/分
専用カートリッジ
品名 ロールフィルム カートリッジ
品番 75 μm FOTONC075B
100 μm FOTONC100B
参考小売価格 9,980円+税
フィルム厚 75 μm 307mm×57.6m
100 μm 307mm×42.5m

Q&Aよくある質問

どのような紙が自動でラミネートができますか?
オートモードでラミネート加工ができる用紙は、厚さ64~120g/m² のA4・A3サイズの定型用紙です。
それ以外の厚さのもの、不定形用紙については必ずマニュアルモードで加工を行ってください。
A4用紙を30枚自動で行った場合、何分後に加工が完了しますか?
オートモードでA4サイズの用紙を30枚加工する場合、加工がスタートしてから10分程度で完了します。